日本政策金融公庫は他の金融機関で審査が通らなくても通る可能性がある?

目次

  1. 他の金融機関で審査が通らなくても通る可能性がある日本政策金融公庫
  2. 金融機関の融資可能性の順位

他の金融機関で審査が通らなくても通る可能性がある日本政策金融公庫

日本政策金融公庫の融資は、審査を通る確率が高いのが大きな特徴です。
創業してから数年しか経っていない個人事業主や中小企業も、まだ実績の少ない起業家でもスムーズに融資を受けられる可能性があります。

まだ実績の少ない企業は、収入の不安定さから金融機関からの融資が受け難い傾向がありますが、日本政策金融公庫なら融資を受けられる可能性はあります。

そのほか、次のような特徴もあります。

①他の金融機関と比べて金利が有利

他の銀行に比べて金利が圧倒的に低いです。これが最大のメリットです。

②借入の条件が長期

運転資金なら最長7年。設備資金なら最長20年。
これも日本政策金融公庫のメリットです。低金利と合わせて借入れ条件が非常に有利です。

➂無担保、無保証で利用することができる

すべての融資とはいきませんが、無担保、無保証で融資を受けられる場合があります。
ただ、申請ができても後から保証人や担保を求められる場合があります。

④経営に関するアドバイスを無料で受けることができる

日本政策金融公庫では、融資や経営についてアドバイスをしてくれます。
融資を受けるかどうかに関わらず、最寄りの日本政策金融公庫で、専属の税理士や中小企業診断士による経営に関するアドバイスを無料で受けることができます。

⑤他の金融機関の審査が通りやすくなる。

日本政策金融公庫の融資を受けた事実が残ることにより、他の金融機関から融資を受ける可能性が高くなります。これは、融資を受けたという実績が残るからです。民間の金融機関も融資の実績のある企業については、審査が通りやすくなる傾向にあります。

⑥返済金の減額交渉が1回は可能

返済が難しい場合には、支払うべき金額を圧縮して、返済期間を延長してくれます。
1回のリスケジュールは交渉することができることとなっています。

⑦借入れまでの期間が短い

民間の金融機関の場合、融資実行まで2カ月~3カ月。これに対して日本政策金融公庫の場合、1カ月~2カ月と短くなっています。

金融機関の融資可能性の順位

これまで見てきたさまざまな融資。審査の通りやすさをまとめると、次の順序となります。

① 日本政策金融公庫
② 信用保証協会付き(信用金庫、地方銀行)
➂ 信用金庫
④ 地方銀行(プロパー)
⑤ メガバンク

起業して実績の少ない企業の資金調達の方法としては、やはり、日本政策金融公庫の「新創業融資」と信用保証協会と自治体と民間の銀行の連携による「制度融資」がおススメです。

いずれにしても融資の成功条件は、返済できる計画の元に借入をすることです。

そして月々の返済以上の利益を出すような事業計画を立てて経営をしていくことなのです。