起業したい!ベストなスタートを切るための独立融資法教えます①

目次

  1. 自己資金がないと起業融資はきびしい
  2. 金融機関が自己資金にこだわる理由とは
  3. 返済可能と思わせる「事業計画書」も
  4. 自己資金と実効性の高い企業計画書で融資を受けよう

ほとんどのビジネスマンが、夢見る「独立」。自分の能力で、そして自分がこれまで築いてきた仕事のノウハウや人間関係などを試したい。そして成功したい。誰もがそう思うはず。

しかし、独立、起業するには資金が必要です。自己資金だけでは、足りない場合は、当然、融資を受けることになります。ここでは、まず、ベストスタートを切るための融資のコツをご紹介します。

自己資金がないと融資はきびしい

まず、起業の融資とは、具体的にどういう面で必要なのかを見ていきましょう。起業融資のメリットは以下の4点です。

  • 創業融資は、決算書など実績に関係なく借りられる、起業時ならではの融資であること
  • 起業融資を成功させることで、事業を早い段階で軌道に乗せることができる
  • きちんと融資を受けることで、起業時から金融機関との関係性をより良いものにしておくことができる
  • 起業時には比較的お金を借りやすいので、借りられるだけ融資を受けておくことで、資金繰りリスクを最低限に抑えられる

ところが、融資を受けるには、もちろんのこといくつかの条件があるわけですが、もっとも金融機関が気にする点は、自己資金が最低100万円。できれば300万円程度はあることなのです。

金融機関が自己資金にこだわる理由とは

では、なぜ、金融機関は自己資金にこだわるのでしょう。それは、金融機関にとっては、自己資金なしの融資は、「本人は何のリスクも背負わず、金融機関だけがリスクを背負う」という状況になってしまうからです。

また、自己資金を準備していないと、本人の計画性や本気度も疑われてしまいます。

返済可能と思わせる「事業計画書」も

また、綿密な「事業計画書」の大きなポイントになります。ここで、勘違いしやすいのは、その計画書は、あなたがこれから起業するビジネスがどれだけ成功可能かということでは金融機関は興味を持ってくれません。

なぜなら、金融機関が求めていることは「貸したお金を利息をつけてきちんと期限内に返してもらえるかどうか」でだからです。

つまり、返済の実効性の高い「事業計画書」が必要なわけです。

自己資金と実効性の高い企業計画書で融資を受けよう

いかがでしたか。起業で融資を受けるには、まず、自己資金と実効性の高い事業計画書が必要なことが分かりました。

このほかにも、必要事項はありますが、それは次の記事で説明します。