起業に当たっていかにして銀行から融資を引き出すか?

今回の記事では、起業に当たって融資の引き出し方についてご紹介いたします。

目次

  1. メガバンクはハードルが高い
  2. 公庫から融資を受ける方法
  3. エンジェルを活用する
  4. 補助金や助成金の利用
  5. 資金なしで起業?
  6. まとめ

メガバンクはハードルが高い

大手企業との事業提携などバックボーンでもない限り、メガバンクからの融資は諦めた方が良さそうです。

 

金融機関はメガバンク・地銀・信金などである程度役割分担ができています。

 

メガバンクは主に大企業や中堅企業に注力しており、創業融資のような小口取引は扱いません。

 

銀行は、メガバンクだけではありません。

 

最も融資を受けやすいのは日本政策金融公庫(以下公庫)、信用力が低い創業の支援を目的として設立された金融機関です。

 

金利も、ノンバンクのビジネスローンなどと比べて格段に有利(2%前後)です。信用金庫や地銀に比べても優遇されています。

 

そのあと、地域密着の信用金庫・信用組合、やや規模の大きい地方銀行と続きます。

 

公庫から融資を受ける方法

 

①自前

必要書類(以下の3点)の用紙は公庫の公式ページからダウンロードします。

 

https://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html

 

〇借入申込書

〇創業計画書

〇企業概要書(創業後1年以上経過の場合)

 

次に、面談の申し込みです。順調なら、融資担当との面談にコマを進めます。

 

②認定支援機関経由

経産省・財務省の認定支援機関は、豊富な専門知識をベースに事業融資をサポートします。同時に、金利や融資限度額優遇も期待大です。

 

助かるのは、プロの目による事業計画書の作成指導です。筋の良い計画書は、審査パスだけではなく、起業後の運営にも役立ちます。

 

 

③非認定支援機関経由

認定機関以外も、司法書士事務所などがサポートを提供しています。ただし、非認定なだけに依頼には注意が欠かせません。

 

④マル経融資

間に商工会議所が入ります。会議所による経営指導(6か月)受講、会員として会費支払いが条件です。

 

金利・融資限度額面でも優遇が期待できます。

 

商工会議所サイト

https://www.jcci.or.jp/sme/marukei/

 

⑤制度融資

各自治体が金融機関からの融資を仲介します。

 

金利面は魅力的ですが、起業セミナーへの参加・指定地域での営業が義務付けられます。反社・税金未納は文句なしにNGです。

 

東京都産業労働局の運営サイト

http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/chushou/kinyu/yuushi/yuushi/list/

 

エンジェルを活用する

元々欧米で演劇ビジネスに出資する富豪たちを、エンジェルと呼んでいました。

 

現在ではグループでエンジェル投資を組み、創業支援に投資するケースが中心です。Founderに代表されるマッチングサイトも、積極的に活用されています。

 

補助金や助成金の利用

自治体では、起業モデルケースの発掘をねらいに、助成金・補助金の制度を設けています。企業も、起業コンテストや選考型奨学金を主催しています。

 

いずれも審査がありますが、筋の良いビジネスプランなら、採用の可能性は決して低くありません。

 

資金なしで起業?

アフィリエイトやブログ収入なら、PCだけあればビジネスを始められます。安定して稼げるようになったら、事業拡大を検討するのも選択肢の1つです。

 

 

まとめ

ご紹介したように、起業時の資金調達方法は実にさまざまです。1つの方法がNGでもあきらめることはありません。粘り強く資金を集め、起業を実現させましょう。