そもそも「融資」って何ですか?融資が何か詳しくご紹介します!

融資とは何か、融資にはどんな種類があるのか、融資と出資の違いは何かなど詳しくご紹介します。

目次

  1. 融資とは?
  2. 事業融資4つの形態
  3. 融資機関による違い
  4. 出資との違い
  5. まとめ

 

融資とは?

金融機関からの返済義務のある資金供給、つまり「借金」です。ただし、教育ローンや自動車ローンなどと違うのは、融資が新たな「キャッシュ」を産む点です。

 

(融資を通じて信頼関係を産む)

事業で使うための資金の融資は、事業発展に大切です。そして、約束通り返済を続けることで、融資元のみならず地域全体から社会的信用を得られます。

 

(いつ借りるか)

金融機関の融資担当者は得てして、融資先の資金繰りが厳しいと、融資を躊躇します。だからこそ、資金に余裕がある時に融資を受けておくべきなのです。

 

 

事業融資4つの形態

融資は、その形態によって4つに分類されます。

 

(1)当座貸越

金融機関が設定した極度額の範囲内で、自由に返済と引き出しができます。短期的な運転資金に充当されます。

 

(2)証書貸付

証書貸付は、借主が差し入れる金銭消費貸借契約証書(以下「証書」)に基づき実行する融資形態です。主に設備投資や長期的な運転資金の調達時に活用されます。

 

(3)手形貸付

約束手形を振り出して融資を受けます。一時的な仕入れ代金などに充当され、いずれ資金化される借入であることから審査も比較的緩くなっています。

 

(4)手形割引

取引先の受取手形を、金融機関が裏書きします。手形は金融市場に広く流通することから、一般的な融資のような審査はありません。取引先の信用度によって割引率や引受可否が判断されます。

 

融資機関による違い

公的融資と民間融資に分かれます。

 

(1)公的融資

日本政策金融公庫(以下「公庫」)融資と地方自治体が窓口となる制度融資があります。

 

〇公庫融資

政府系金融機関である公庫は中小企業・個人事業主の支援を目的としており、創業者へも有利な条件で融資を実行してくれます。

 

〇制度融資

地方自治体が信用保証協会・指定金融機関と提携した融資スキームで、連帯保証人の省略・低金利を実現しています。

 

(2)民間融資

都市銀行や地方銀行、信用金庫など金融機関からの融資です。

 

〇プロパー融資

金融機関から直接融資を受ける方法です。融資のスピードは速いですが、融資実績を重視するので、創業者にとってはハードルが上がります。逆にハードルをクリアーすれば、周囲からの信用度もアップします。

〇信用保証付き融資

信用保証協会(公益法人)が保証料と引き替えに、債務を保証します。その結果、金融機関からの融資がより円滑にすすみます。

出資との違い

「出資」は、返済義務のない資金の調達形態です。出資者は意思決定や利益の分配に関与できます。

 

まとめ

公庫の新創業融資制度では要件を満たせば無担保・保証人なしで融資がうけられます。

 

また、認定支援機関では融資審査のサポートを提供しています。不安や疑問は認定機関のプロに相談しましょう。