ここが成功の分かれ道!創業計画書作成のポイントとは?

目次

  1. 起業の成否のカギを握る「創業計画書」
  2. これが「創業計画書」の上手い書き方!①
  3. これが「創業計画書」の上手い書き方!②
  4. 問われる自身の経歴や動機
  5. 相手をうならせるぐらいの熱意と自信をまとめよう

起業をベストなスタートとするために、融資の重要性や融資を受けるポイントなどをご紹介してきました。

さて、お次は創業計画書作成についてです。これは、融資にも関係してくる重要なものです。さっそく、作成のポイントや重要性について、ご紹介します。

これが「創業計画書」の上手い書き方!①

「創業計画書」とは、起業に当たり、金融機関から融資を受ける際に本人確認書類や通帳とあわせて提出するものです。

これで、あなたのビジネスを上手くアピールできるかどうかが、成功のカギ握っていると言っても過言ではありません。

まず、重要なのはあなたのやりたいビジネスが何が強みでセールスポイントなのかを分かりやすく、しかも、相手(金融機関)に強烈なインパクトを与えるものを作成する必要があります。しかも、だらだらと長くてはダメです。コンパクトに分かりやすくまとめましょう。

「創業計画書」の中には、「セールスポイント」を書く欄があります。ここが実はくせ者。この作業は非常に難しいものです。次項でそのコツを解説します。

これが「創業計画書」の上手い書き方!②

まず、日本政策金融公庫の創業計画書のテンプレートを参照することをおすすめします。これで、どんなふうに書けばよいのか、イメージできます。

この「セールスポイント」欄を詳しく言うと、取扱う商品やサービス、事業の強み、他者との差別化要因を書かなくてはならず、しかも、事業の将来性をアピールすることが求められます。テンプレートでは

ところが、テンプレートを記入するにあたり、事業の将来性をアピールするには、たった3行で表現しなければなりません。

では、ではどうすれば良いのか。まず、自分が思うセールスポイントを箇条書きにして書き出してみましょう。例えば、レストランの場合なら、「無農薬野菜を使っている」、「パティシエとシェフの経験が豊富」、「場所代がかからない」、「すでにお得意様がいる」など。

それを、たとえば図やグラフを使ったりして、わかりやすく、しかも相手の視覚に訴えるような工夫をすることです。

問われる自身の経歴や動機

セールスポイントとして重要なのは、自身の経歴や動機も含まれます。まず、経歴ですが、起業する分野に携わっていれば、それは実績として捉えられます。このため、経歴やキャリア、資格などを詳しく記載する必要があります。

また、動機ですが、どれほど熱意や成功する自信があるかが問われます。このため、そのビジネスのオリジナリティや新規性なども含めて、表現することが大切です。

相手をうならせるぐらいの熱意と自信をまとめよう

いかがでしたか。創業計画書の重要性と上手く書くコツを解説してきました。できれば、相手をうならせるぐらいのものを作るのが理想ですね。しかし、大風呂敷を広げるのはいけません。

綿密な計画とリサーチなどで、なるべく正確で良いものを作りましょう。